屈斜路湖ワカサギの遡上がピーク

屈斜路湖は産卵場所を目指すワカサギの遡上がピークを迎えた。
ワカサギは体長10~15センチ、今月中旬から遡上が始まり下旬からは川を埋め尽くすほどだ。
屈斜路湖は周囲57キロの日本最大のカルデラ湖。

昭和13年の屈斜路湖地震で水質が悪化し、魚類は一時ほぼ全滅したが、
現在はワカサギのほか雨ますやウグイなどが生息している。

朝霧が屈斜路湖の湖面を覆い朝は幻想的な風景が見られる。

カメラ機種名 Canon EOS 5D Mark IV

レンズ EF24-105mm f/4L IS USM

撮影日時 2017/05/31 4:04:28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA