本別海一本松の朝

本別海一本松 明治7年、東北各地から漁夫百十数人を募集し、西別川で漁労に従事せしめた番屋の横に植生していたものです。
当時は2・3本ありましたが、現在まで130年間、厳しい風雪に耐えてきたものは1本のみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA