風連湖の丹頂

朝の風連湖には様々な鳥や動物たちが訪れる、その中でも丹頂は身体も大きいのでよく目につく、何時も2羽で行動しているが此の時期は1羽が抱卵しているのだろう、抱卵は雄雌が交互に抱卵して世話をする毎年5月25日前後に雛が孵化する、9月ごろには雛の体は親鳥と同じ大きさに成長して11月ごろには越冬地の鶴居村へと飛び去り又、3月ごろには同じ縄張りのここへ帰って来て子育てを始める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA